フリーライフ高校生

バックパッカー向けの釣りを紹介しています。

管理釣り場をみんなで作ろうプロジェクト二次報告

こんにちは。どゅうきです。



今回のテーマ

どの程度の規模にするか
どんな客を相手にするか
魚の仕入先







どの程度の規模にするか


 夢は大きくと言いたいところですが、最初は小規模にしようと思います。

具体的な規模としては、


半径25メートル深さ2メートルの円形ポンド


収容人数間隔一人あたり5メートルとすると18人から20人が限度


必要な水の量は1413トン

 隔絶したポンドにすると、水の循環が悪くなるので、湧水&川からの流入をさせたいです。
どの程度入れ込むのかは、候補地が確定しない限りわかりません。3分の2以上はこの2つで酸素供給や水の循環を賄いたいです。

それでも多少、ポンプや水車などで循環させなくては十分に酸素は、行きわたりません。
また、アウトレットとなる所には水のろ過装置を設置しなくてはならないです。
なぜなら、ポンドの水は産業廃棄物となるため、むやみに川に放水することが出来ないからです。

アクアジェットポンプカタログ

池底集水ピットユニット

水の循環方法


僕がとやかく言うよりこちらの方がわかりやすいと思います。

もし、上で述べたような湧水が出る土地が見つかった場合は、

使用したい器具   個数   価格

濾過装置      1    4320000  池水量60~120t

集水ピットユニット 1    70200

アクアジェット   1    

循環ポンプ     1

ポンプフィルター  1    

ストレーナー    1   計4つで 192780

全てで4582980円です。

確実にこの価格になるとは限りませんが、参考程度です。
ここから電気代もかかるとなると、さらに値段は上がります。




どんな客を相手にするか

もともと始めようと思ったきっかけは、釣り人口を増やすってのが理念だったので、

値段は他の管理釣り場よりは安くしようと思っています。変わるかもしれないが。

他にもアウトドア施設を作ったり、カフェなども併設しようと考えてます。

要するに初心者相手の管理釣り場を目指したいわけです。

規模が大きくなれば、中上級者を相手にしたポンドも作ろうと考えていますので、落ち込まないでください。





魚の仕入先

ニジマスは確実に購入します。
しかし、正規品ではなく、販売に出せなかった訳アリ魚を購入しストック池できれいな状態にするようなことをして
コストカットしたいと考えています。



全てを購入に頼るのではなく、自家養殖もおこないたいと考えています。
普通に養殖するのでは、意味ないので塩水養殖を考えています。
なぜなら、そちらの方が成長が早くなるからです。理由は説明が難しいので割愛します。