ライトスタイル

釣りも人生も軽装備で

僕が、渓流釣りを始めた理由


こんにちは。どゅうきです。

渓流釣りが終わりはや2ヶ月
みなさんはどうお過ごしですか?

さまざまな始めたきっかけはあると思います。
禁漁のこの時期、過去(最初の頃)の自分を思い出してもいいのではないでしょうか?
そんな思いで書いていこうと思います。



ルアーなんて釣れるの?


釣りを始めた当初の僕は、餌釣り以外釣れないと信じていました。

そのため、雑誌を読んでも、餌で釣ったやつにルアーの針を付けているのだろうと疑っていて

そんなある日、親父と秩父の荒川と小森川に連れて行ってもらった時の事

確か中1だったかな

最初のポイントは荒川村前の本流に入渓し、ファントムのパックロッド(ダイワ)にワイズミノー(ダイワ)を装着し、深瀬に放り込み始めました。

すると数投でヤマメがルアーにチェイス‼️


あまりにも突然だったので、リールを巻くのやめてしまい、ヒットには持ち越す事は出来ませんでした。


それでも、ルアーに食ってくるはずのないと思っていたので、驚きを隠しきれません。


その後、魚のチェイスが無くなり、やはりさっきのは、何かの間違えだと疑い始めました。


次に、秩父でも尺ヤマメが出ると有名な小森川に移動。

この川の上流部は、堰堤が非常に多く、大場所が多いです。


到着すると、親父は下流、僕は上流で別れました。

先ほどの疑いが払拭出来ないまま、堰堤下に
ヤマメスプーン(コータック)を装着し、放り込み始めました。


10数投したものの当たりは無く、ますます疑いが大きくなります。


どうせルアーなんかじゃ釣れない


そんな時でした。
根掛かりかのように、急に重くなる。


ん???


とにかく巻いてみると走り出したヤマメ


やばいでかい。


突然の出来事に合わせ損ねる。
魚影が見え、更に焦る


よしとれる。


ネットは、背中にあるはずだったな。


あれ?ない


あーーーーーー車の中だ


実はこの時、川の中に立ち込んでいて、ネットがないとキャッチする事が出来ない状況でした。


そんな事をしている間にフックアウト


魚は、堰堤下に帰って行きました。


結局、この日は坊主になりました。
しかし、この日決心がつきました。



やつを釣るまで釣りを辞めない


釣れない楽しさを身を持って感じました。


未だにこいつを上回る魚は釣った事はありません。
だからこそいつまでも追い求めていくのです。


僕は釣りを辞めない